マメカン
タンザニア・AA
(キリマンジャロ)
【生産地域】    キリマンジャロ山麓
            モシ及びアルーシャ近郊

【生産高度】    1500m

【樹  種】     ブルボン、ケント

【収穫時期】    6月から10月

【精製方法】    ウォッシュド、サンドライ


タンザニア

タンザニアにアラビカ・コーヒーが導入されたのは


1877年頃、フランス領レユニオン島


(旧ブルボン島)からバガモヨのカトリック教団によってといわれ

ています。

キリマンジャロにあった伝導団が


ブルボン種を植えたのが1890年〜1893年


その後1920年にはケント種が導入されました。


現在のタンザニアのアラビカはこの二品種、


これから育種された新品種です。

特にキリマンジャロ・コーヒーとして有名な

北部のモシやアルーシャというキリマンジャロ地方では

50%以上は ブルボン種、

残りほとんどがケント種になっています。

ケント種はやや酸味にかける傾向がありますが、


タンザニア北部キリマンジャロ地方の


コーヒーの特徴はワインのように香り高く、豊かな酸味を持ち、

芳醇(ほうじゅん)なコクにあるといわれます。

タンザニア
タンザニア



ブラックコーヒーで

しかもストレートコーヒーとして楽しまれるコーヒーです。


自然豊かなアフリカの産地

タンザニアで生産されたコーヒー。

日本では「キリマンジャロ」の名で親しまれています。

アフリカの大地が産んだ

大粒AAサイズ限定のコーヒーです。

年間の生産量も本来せいぜい2000袋で

ごく限られたコーヒー豆です。



味はより芳醇で香り高く穏やかな

酸味にもコクのある、


深い奥行きのあるコーヒーといえます。

タンザニア
タンザニアAAキボー
(キリマンジャロ)
中煎り
以前は「キリマンジャロ」の名前で知られていました。
豆の大きさで等級格付けがなされて、
”AA”は最高級ランク。
酸味・コク・香りともに優れています。
 
香り★★★
コク★★
酸み
苦み
甘み



200g・・・760円(税込)
グルメコーヒーの店 Mamekan
販売業者 :株式会社ロンテン
運営責任者:村上 佳也
電話番号:072-259-2748
FAX:072-259-2748
メールアドレス:info@mamekan.jp
所在地(本店):〒 591-8037  堺市北区百舌鳥赤畑町4-255-1
ホームページアドレス:http://www.mamekan.jp/

TOPに戻る