グルメコーヒーの店Mamekan
グルメ珈琲の店Mamekanにようこそ!
創業1971年−世界の良質のコーヒー豆を、自家工房にて直火で丹念に煎り上げております。
グルメ珈琲の店Mamekanは主に、コーヒーショップの運営、コーヒー豆の卸売・小売り販売をしております。
ここでは、コーヒー豆・コーヒーの商品を専門に、通販で販売いたします。
どうぞ、歴史あるこだわりの味と香りを存分にご堪能下さい。
TOP季節のブレンド商品一覧おいしいコーヒーの入れ方コーヒーと健康コーヒーショップのご紹介ご注文方法
当店秘伝のコーヒーの立て方をお教えします!
●おいしいコーヒーの入れ方●(ブレンド・ストレート・ソフトアイス)
 ペーパーでのおいしい立て方。

 コーヒーをよりおいしくする方法を伝授いたします。

今回はマイルドブレンドのペーパー用にひいたコーヒー豆を、
ペーパー(写真のコーヒー豆の入っている紙)は、1×2のものを使い、
コーヒーサーバーも、二杯分はいるものを使用して、コーヒー2杯を立てるのに挑戦してみました。

おいしいコーヒーの入れ方01
あくまで基準です。
味がわかるようになったら、
量をお好みで増やしてみてもいいですよ。

 コーヒーの粉は1杯に付き10g。(メジャースプーン1杯)

 2杯目以降は8gずつ増やしていきます。

 コーヒー豆の粉は、ペーパーを揺すって平らになるように、
ならしておきます。
おいしいコーヒーの入れ方02
まずは少しだけお湯を注ぎます。
おいしいコーヒーの入れ方03

 沸騰したお湯を95℃にし、火元よりはずして下さい。
(バースプーンで沸騰したポットのお湯を5回くらいまぜ、
煮沸を抑えて下さい。)

 ≪珈琲の粉全体を蒸らしエキスの抽出が出来易い状態をつくる。≫

ひきたてのコーヒー豆の場合、低めの位置から粉全体に行き渡るようにゆっくりと少しだけ、注ぎます。

1回目に注ぐお湯は、その珈琲を作る量の20%で、
中心よりの字を書くように注ぐ。粉全体を蒸らし、珈琲からのエキスの抽出が出来易い状態を作ります。

注ぐお湯が多すぎると、珈琲の粉全体が最大限にむらされなく、珈琲からエキスの抽出が始まってしまう為、お湯の味がした水っぽい珈琲になる、また少なすぎると粉全体にお湯がかからず、蒸らしている所と、蒸らしていない所が出来て、味にバラツキが出来てしまいますので注意してください。

 粉が膨らみ始めたら、お湯を注ぐのを止めます。
おいしいコーヒーの入れ方04
全体が膨らみます。
膨らんだ後、一瞬しぼみます。
この一瞬を見逃さないで!

 ≪蒸らし時間を調整する≫

粉が膨らんでいる間が蒸らし時間です。

蒸らし時間が短いとエキスが十分出ず、お湯の味がした水っぽい珈琲になり、また長過ぎるとエキスが変化して出過ぎる為に、渋くなったり、苦くなったりします。
(目安として、注ぎ終わってから20秒で、珈琲の粉が平行になった時点までか、珈琲のエキスの落下が止まる前が目安となります)

 しばらくすると、全体がほんの少しだけしぼみます。
この状態になったら、すぐに次のお湯をさしはじめます。
おいしいコーヒーの入れ方05
おいしいコーヒーの入れ方06
2回目にお湯を注ぐと
泡がだいたい全体的にでるはずです。

 ≪まんべんなくエキスを抽出する≫

 お湯をゆっくりと、粉全体に注ぎます。

2回目に注ぐお湯は蒸らしてある珈琲の粉の中央より注ぎ始め、輪を広げていく要領で、小円・中円・大円と全体にかけ、まんべんなくエキスを抽出します。(基本が分かれば、渦をかく要領で、3周する)
お湯の量はその珈琲をほぼ完成(90%)させる量です。

もう少し分かり易く言いますと

 お湯はコーヒー粉の中心から始め、そこから小さな「の」の字をまず書き、その後お湯を注ぐのを止めないで、続けて小さな円から、そしてだんだんと大きくなっていく円を書き続けます。
二杯立ての場合は、だいたい小さな「の」の字と2つの円がかける所で、ペーパーの中でお湯が一杯になるはずです。


おいしいコーヒーの入れ方07
おいしいコーヒーの入れ方08
コーヒーをコーヒーサーバーの
目盛りより多く注いでしまうと、
薄くなってしまう場合があるので注意。

 ≪調整のお湯≫

3回目に注ぐお湯は、フィルター内の珈琲に亀裂が見えると、
全体の量を見ながら静かに中心へのみ注ぎ完成させる。
下のグラスポットに溜まっている量と、
上のフィルター内に残っている量とを見ながら、
下のグラスポットの規定位置に珈琲の量が達し、
上のフィルター内に少量の珈琲が(作る量の10%以内)残るようにします。

 コーヒーが必要杯数分の目盛りまできたら、
お湯が残っていてもお湯を注ぐのを止めます。

 又、逆に必要杯数分より少ない時は、
3回目のお湯を粉の真ん中に静かに必要量だけ注いで下さい。
以上で、終わりです。
簡単なようで難しい事が、何度も立てている内にわかっていただけると思います。
きれいに立てる事ができたら、そのコーヒー豆のおいしさが最大限に引き出されていることになります。
新鮮なコーヒー豆は、膨らんだり泡がでます。
でも技術がないと、そのようなことが起きない場合があります。

最初は難しいかもしれません。
だから、きれいな円を、何度も何度も描き続けて下さい。
そして、1杯、1杯を大切に立てて,
良質のコーヒー豆で良質の香りと風味をお楽しみください。


コーヒー豆に自分の思いを膨らませ、キレイな円を何度も何度も描く・・・


コーヒーを自分でたてるという意味は、美味しくいただくという以外にも、あるのかもしれませんね。

当サイトに掲載された文章・写真・画像・データ等の全ての著作権は、グルメ珈琲の店Mamekanに帰属しています。
目的の如何にかかわらず、無断転載は固くお断りいたします。

Copyright(c)  mamekan.inc. All Rights Reserved